トップページ | 2004年8月 »

2004/06/29

駿ふう

さて、2日目。この日と次の日は、それぞれ事前に申し込んでおいた
日帰りバスツアーに参加する。
それぞれ大変すばらしい眺めで、日本にはないカレドニア山系の
なだらかな山容とそこに広がるヒースの荒野だとか、
ネス湖のほとりのアーカート城はじめ点在する古い石造りの城だとか、
いろいろなものを見たのだが、このblogではそういう
感動してアタリマエのことはあまり書かない方針なので、
このへんにしておく。
(希望する方には写真とビデオと現地購入ガイド本を用意しております)

で、代わりに何を書くかというと、エジンバラの町並みについてだ。
もちろん、中世から続くエジンバラの石造りの町並みについて、
どんなガイドブックにも載っているようなことを書いても
つまらないだろう。

エジンバラの中心部の町並みを見てわたしが思ったこと、それは
「宮崎駿(のアニメ)だ~」
であった。
エジンバラの町は深い谷を間に新市街と旧市街があり、新市街の側は
裏がすぐ海につながっていたりして、とにかく平らなところがあまりない。

そんな町の、新市街側から旧市街のほうをみると、
3~4階建て(例の半地下形式だ)の石でできた建物がいくつもいくつもいくつも
連なっていて、間には道路も見えず緑もない。
そのさまは、宮崎駿のアニメに出てくる都市の描写そのものだ。
たとえば「天空の城ラピュタ」の冒頭、主人公がかけぬけていく
谷から何層にもわたって聳え立つ建物でできた町並み。そして、その端っこ、
むき出しの岩盤の上にこれもまた幾重にも渡って増改築を重ねられてきた
エジンバラ城がある。

わたしは、格別宮崎駿アニメのファンというわけではないので、
彼が何にインスピレーションを得てあのような町並みを繰り返し
描いているのかはわからない。
もしかしたらエジンバラに限らず、ヨーロッパにはこのような町が
たくさんあるのかもしれない。

だがなんとなく、石でできた町並みは、宮崎駿アニメが描く都市の
重苦しさに似ているように思われた。
あの石造りの町(当然道路も石畳だ)の圧倒的な「伝統の重み」は、
旅人として訪れると感動的だが、その地に住み新しい何かを求める人々、
簡単に言えば反抗期の若者とかそういう人にはちょっとツラいんじゃないか。
多少逆らってもビクともしない街・・・。

そんなところからブリティッシュロックの話などにつなげると
また陳腐になりそうなので、このへんでやめておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

従五位下のドタバタ

ホテルに着いた。Royal Terraceという名のそのホテルは、
昔のタウンハウスの一部がホテルになっている。

こぢんまりしたロビーから通されたのは、半地下の部屋だった。
イギリスのタウンハウスは、道路から少し離れたところに建物を建て、
道路との間を掘り込んで地下の部屋にも窓を設けて日が射すように
してある、と玉村豊男の「ロンドン 旅の雑学ノート」に
書いてあったが、そのとおりのつくりの、半地下の部屋だ。

部屋は広く、日本人的にはクイーンサイズみたいなでかいダブルベッドと、
一人用のソファーとテーブル、クローゼット、デスク、暖房器具などが
備え付けられている。
洗面所(且つトイレ且つ風呂)もがらんと広い。
まあ悪くない部屋だ。

しかし地下か・・・とわたしはフクザツな気持ちになった。
同じ玉村豊男の本には、
「半地下の部屋は使用人などのために使われた」
とあったのだ。
あー、「地下(ぢげ)の者」ってやつね・・・

まあ部屋は日本人的には申し分のない広さだし、文句を言うほどでも
ないのだが、どうも日が悪かった。
びっくりするようなドタバタという足音が頭上から聞こえてきた。

頭上のパーティールームでは結婚パーティーが開かれていた。
ドタバタというのは、おそらく地元民であるパーティー参加者が、
地元の民謡に合わせてダンスを踊っている音であった。

ドタバタは朝の3時ころまで続いた・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

表意文字ってすばらしい

国内線は左右3席ずつの2列、というローカル風味たっぷりの
小型機だった。日本だったらJAS線だ。
そして座席も模様入りのクロスなどではなく、
これまた路線バスふうのビニールクロスだ。短パンなんかを穿いていたら
ぴったりくっついて気持ち悪いところだが、ここにそんな人はいない。

座席を見つけて座ろうとしたら、そこにおばちゃんがいた。
一見して東アジア人、でも身なりなどからして日本人ではない。
こちらの切符を見せたところ、向こうも切符を見せてくれた。
われわれは通路側で、彼女は窓側だ。
しかしそこには西欧人のおっさんが座って寝ていた。
「あのお、そこ彼女の席なんですが」
「おお、これはすいませんね」
おっさんはあっさりよけてくれ、おばちゃんは大変喜んでペラペラ
しゃべりだした。同胞と思ったようだ。で、ワレワレが困っているのを
不思議そうに見る。
「えーと、どちらから来たのですか?ワレワレは日本人です」(英語)
おばちゃんは英語はわからないらしい。ポケットから紙を取り出した。
そこには英語と、その訳と思われる中国語が書いてあった。
「わたしは中国から来ました」
「わたしはエジンバラに住む息子に会いに来ました」
は~、中国のおばちゃんでしたか(わたしは中国語とハングルの区別がつかない)。
ならば、ということでペンを取り出して筆談してみた。
もちろん中国語なんか知らないので適当に漢字をならべる。
「我 来 日本」「お~」
通じたらしい。
その後、あやしげな筆談で、彼女は北京から来たこと、
息子さんがエジンバラの芸術大学?で建築学の研究生をやっていること、
彼女は日本にも来たことがある、などがわかった。
彼女はまるで英語がわからず、乗務員の兄ちゃんが
「飲み物はお茶にしますかコーヒーにしますか」
とか聞いてるのもわからないようだったので、代わりに取り次いでやったり
などしたら大いに喜ばれ、飛行機が揺れて飲み物がこぼれたら
すかさず(これがかなりすばやい)ナプキンを取り出して拭いてくれたり、
おばちゃんぽく好意を示してくれた。

エジンバラの空港では、到着の最前線で彼女の息子とその友人が
待ち構えていた。おばちゃんから事情を聞いた息子さんが、大声でワレワレに
「謝謝!!」と叫んだ。
さんきゅーってゆってくれよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最初の買い物

ヒースロー空港に着いた。やっと着いたわけだがこんどは
エジンバラ行きの国内線に乗り換えなければならない。
待っている間、さっそく一服した相方がこんどは売店に出かけていった。
そしてニコニコしながらビールを2杯持ってきた。

イギリス最初のお買い物は、ビールだった。
そしてその後毎日毎日、ビールを飲み続けるのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/06/27

いや、そのほうが健康にはいいんですが

今回乗った飛行機には、日本人がものすごくたくさん乗っている。
特にエコノミークラスは日本人のほうが多いんじゃないかというくらいだ。
加奈さんが旅行前に言っていた
「イギリスはどこにでも日本人がいるわよ」
という言葉が思い出される。

ふと相方が
「おとなしく乗っているのは日本人だけだな」
と言った。

その視線の先には、せまいエコノミークラスの座席に耐えかねたのか、
肘掛の「上に」「窓を向いて」座っている西欧人の女性。

相方が言うには、さきほどは旦那(彼氏か?)のひざの上に
座っている女性もいたそうだ。
ひざの上に座って・・・もちろん旦那のほうを向いてだ。
相当体格のよい(婉曲的表現)女性だったらしい。

まあ、血行はよくなるかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

客室乗務員という職業

日本では一般的に、旅客機の乗務員の女性は
美しく、教養があり(英語ができるというイミ)、親切、
という定評がある。そうでないと話のネタにされるくらいだ。
成田のホテルから空港へ向かうバスにも、たくさんの
女性乗務員が乗ってきた。国籍は不明だが、姿や話している言葉から、
東アジアもしくは東南アジア方面の路線に勤務している人たちの
ようだった。
朝早いのに、みんなきれいにお化粧している。
髪型も整っている(いまどきシニヨンだったりするが)。
もちろん、化粧しなくてもきれいな人たちなのだろう。

しかし、英国航空に乗ると、そんなのはアジアだけなんじゃ、
と思い知らされる。
乗務員には男性も女性もいる。しかし、
「きれいな女の人」
は乗っていない。
ちょっと体格のよい(婉曲的表現)の西欧人の女性と、
品川あたりでも見かけそうな何の変哲もない日本人の女性しか
乗っていない。

わたしは英国航空を利用するのは2回目なのだが
(とか言って海外旅行自体2回目なのだが・・・つまりBAしか利用したことがない)、
前回もそんな感じの乗務員だった。

イギリスでは客室乗務員(の女性)に関しては神話は存在しないのか。
イギリスではきれいな女の人はどんな仕事をしているんだろうか。

それはさておき、英国航空の日本人客室乗務員(女性)は
みんな態度が悪い(しつこいが利用は2回目)。
人の目を見て話さない。「恐れ入ります」がいえない。
日本人にはめんどくさそうに、一見してアチラっぽい人には楽しそうに
接している。
彼女らにしてみれば、せっかく海外の航空会社に就職したのに
なんで日本人の世話なんかしなきゃいけないんだ、くらいの
気持ちなのかもしれない。
前回(つまりはじめての海外旅行のとき)
「紅茶にミルクは?え?入れないんですか?!」と
言いやがった女乗務員がいて、今回対応のいい人がいたら
忘れてやろうと思っていたが、よりムカツキが強化されてしまった。

英国航空ご利用2回目にして、はなはだしい偏見を持っております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つまらない話

旅行の準備の中で楽しいけれども面倒な作業、それが
「荷物を詰める」だ。
何を着ようか、とかアレも持っていこうかな、とか考えるのは
悪くない。

しかし、スーツケースは有限だ。
しかも学生時代にイスタンブルで「見切り品特売」で買った
わたしのスーツケースは小さくてボロくて、
服を詰め込んだだけでいっぱいになってしまった。
洗面道具は・・・化粧品は・・・ドライヤーは・・・
全部、新品ピカピカの相方のスーツケースに収納。

空港では、日本人もアチラ人も、みんなとても大きな
スーツケースを持っていた。
デカいと思っていた相方のスーツケースさえ小さく見える。

しかし何人かは小さなスーツケースを持っていた。
みんな旅慣れたふうのビジネスマン(ウーマン)だ。
はっはっは、旅慣れた人は最小限の荷物しか必要と
しないのだよ。たとえばわたしのように。
などとそっくりかえっているうちに手荷物検査の列が先に進んでいく。

旅慣れたビジネスマン(ウーマン)のみなさんは、
全員ビジネスクラス(とファーストクラス)の方面へ
進んでいった。
エコノミークラスの列で小さい、ボロいスーツケースなのは
わたしと、どっかの有色人種のにいちゃんだけだ。

鉄道のチケットに書いてあった注意書きを思い出した。
「食堂車の利用について:一等車ご利用のお客様はいつでも
食堂車をご利用できます。二等車ご利用のお客様は
一等車のお客様が利用していないときのみご利用が可能です」

オマエは二等車の人間じゃないかっ、とどっかから声が降ってきた・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

労働者の団結とかすたまーさてぃすふぁくしょん

さて、今回は「使える交通機関をすべて使う」旅行である。
別にそれを狙っていたわけではないのだが、
旅程を考えているうちに必然的にそうなった。
飛行機、バス(バスツアーに参加するのだ)、
レンタカー(日本と車の方向が同じだからイケるやろー、という
安易な決定)、そして鉄道。

イギリスの鉄道はすべて民営である。
以前は日本と同様、すべて国鉄であった。というか日本が
イギリスの方式をまねて国鉄の民営化を実施したのだ。
民営化した日本の国鉄、すなわちJRは、世界に誇る定時運行を
やめることなく、態度もよくサービスもよいちゃんとした
民間企業に生まれ変わった。
しかし本家は、、、
インターネットで予約したチケット(このインターネット予約も
外国からの予約OKのクセにイギリスの郵便番号しか受け付けなかったり
というナイスなシステムなのだが)が届いて安心していると、
相方宛(今回の旅行ではすべての予約を相方の名前とカードでやってるのだ)に
メールが届いた。
「6月29日18:30より24時間のストライキを実施します。
ホントすいません。便宜は図りますのでコチラに電話してください」(超訳)
なに~?ストライキだ?!
貴様らは夕方のサッカーもといフットボール(イギリスではサッカーとは
言わないそうだ)が見たいだけちゃうんかと小一時間(以下略)

われわれが汽車(そう、ディーゼル車なのだ・・・八高線か)に
乗るのは6月30日の日中である。んでその日のうちに
ダラムからロンドンへ移動しなければならない。
どーしてくれるんだバスを用意しろでないと困る、
みたいな話をデンワでしないといけないようだ。
デンワ・・・

そしてまた人に頼んだのだった。ありがとう、まっちゃん。

そしてデンワしてくれたまっちゃんが言うには・・・
「ストは回避されたそうです。問題ないそうです。よかったですね」
実施の連絡をしたら回避の連絡もしてこい!イギリス鉄道員!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

かみ合ってません

ところがこのお城、予約が取れたらしいのだがびみょーに
意図が伝わってない。
申し込みのときにクレジットカードの番号を書かせたりとか
したくせにメールで再度要求してくる。
カード番号を送ってやると「1名さまご予約いたしました」とか
返事が来て、「ちげーよ、2人分だよ」と書いてやらねばならない。
そして念のためと思い「チェックインは夜の8時になりそうだ」と書いたら
「チェックインは午後3時より可能です」・・・
なんかかみ合ってない・・・
最後に「晩御飯を食べられるところはあるか」とたずねたところ、
返事が返ってきた。
「レストランにて2名さま分のお席をお取りしております」
大丈夫なのか、城・・・
(ちなみにこのへんのメールのやり取りはぜんぶ人にやってもらった)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カッスル

やっと旅程が決まったので、次はホテルだ。
エジンバラとロンドンの宿はすんなり決まったが、
途中1泊だけするニューカッスルあたりの宿がなかなか取れない。
よさげなB&Bなども満室だ。
だがこのあたりは「ハドリアヌスの防壁」
(ローマ人が北方からの侵入を防ぐために作ったブリテン版
万里の長城)
なんかがあってそれなりに観光名所のはずなので、宿屋のひとつやふたつ
くらいあるはずだ。
と思ってそのへんの地名を入れてぐぐってみたりしていると、相方が、
「これ、どう」
と言った。
お城だ。
子供のころ読んだ本に出てきたヤツとそっくりだった。
ちょっと値段が高かったが、お城だからしかたない。日本で姫路城に
泊めてもらうようなもんではないか(←それは言いすぎ)。
いや~、インターネットってすばらしいッスね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鬼が笑う

さて飛行機のチケットは押さえた。
6月26日東京~ロンドン~エジンバラ
7月2日ロンドン~東京
もらった図書券でやたらと買い込んできたガイドを見ながら、
旅程を考えた。

だが、考えても考えても、
北の端から南の端に行くという旅程にはムリがあるような気がしてならない。

津軽三陸と仙台をめぐったのちに
金沢と京都と南紀に行く、みたいな旅程だ。

結局金沢と京都と南紀は今回は捨てることにした。
つまり、北のほうをメインにして、そのあと少しずつ南下して
ロンドンから帰る、というルートだ。

また来年イギリスに行って、そのときに南のほうをめぐればよい。
ということで全員(2人だが)納得した。

まあ来年のことなどわかるかい、と鬼が笑っているわけだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/24

サービス業の提供する付加価値とは

おどろくことに、旅行代理店のあんちゃん(これがまたあんちゃんという感じのイガグリ頭なのだ)は、「大丈夫」を連発した。そして「まずは日程」「飛行機を押さえる」「値段」「ホテルも」を連発した。

あのさあ、アンタ自分のビジネスしか考えてないっしょ??
こっちはまず「この旅程ってアリか?」を確かめたいのだ。

このあと結局ワレワレは旅程の詳細を決め、それに合わせてホテルもインターネットで予約し、イギリスの鉄道会社のチケットも予約し、ホテルと交渉し、バスツアーの申込をし・・・など全部自分たちでやるのだが、その結果「旅行代理店なんて、いらねーじゃねーか」という結論になってしまった。

ほんとはそうじゃないだろ?

旅行代理店にしろ、不動産業にしろ、あるいは現在身をおいている人材ビジネスもそうだが、マッチングビジネスというものはたいてい「ちょっと勉強すればシロートでもできる」。ゆえに「未経験可」でいろんな人間が流入してくるのだが、でもそこで情報を持っている人間なりの提案をするところにやりがいがあるんじゃないのか?とわたしなどは思うのだ。

あのあんちゃんは新卒で入社したような雰囲気だったが、たぶんそれほど遠くない未来に辞めるだろうな。もしかしたら今月のノルマを達成できなくて何も見えなかったのかもしれないが、「顧客が何を求めてるか」なんて、知ろうともしなかった。

つうか客の苗字の漢字まちがえたままどんどん郵便物送ってくんじゃねえよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

廻って廻って

しかもシェークスピアの故郷だの熊のプーさんの地元だのというところに関心がなく、ビートルズの信奉者でもないので、手ごろなツアーに乗っかることもできないということも判明した。「地球の歩き方」決定。

すでにこの旅行は蜜でも月でもないものになりそうであった。残りは雪か。

まずは妥協することなく廻ってみるか、ということで旅程をひいてみた。

ロンドン→エジンバラ→ネス湖→エジンバラ→ホーリー島(リンディスファーン城のあるところだ)→エジンバラ→ロンドン→カンタベリー→ドーバー→グラストンベリー→ロンドン・・・・・・

やたら移動ばかりになった。楽しいのか、コレ??

とりあえず可能かどうかを確かめるべく、新宿にある格安航空チケットで急成長した旅行代理店へ行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果てしない物語

しかしグレート・ブリテン島というのも日本の本州くらいはあるのだ。
旅行に行くのに「本州に行く」とか言うのは北海道人くらいなものだろう。
本州のどこへ行くのか、山形なのか神奈川なのか、大阪か山口か。

仕方がないので、買ってきたナショナル・ジオグラフィック・トラベラーの「イギリス」を見て、行ってみたいところを出し合うことにした。

わたし:
大英博物館、自然史博物館、サウスフォーランド岬、ストーンヘンジ、グラストンベリー、ダートムーア、ダラム大聖堂、リンディスファーン城、スコティッシュ・ボーダーズ、ネス湖。

相方:
シティ、グリニッジ、大英博物館、セブン・シスターズ、ポーツマス、グラストンベリー、ブレコン・ビーコンズ山、ピーク国立公園、ハドリアヌスの防壁、エディンバラ城、スペイ渓谷、ネス湖。

ぜんぜんかぶってないような気もするし、わりとかぶっているような気もする。

だが問題はそこではない。

二人とも、行ってみたい場所が「北の果て」と「南の果て」に分かれてしまっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんたがたどこさ

イギリスに行く・・・なぜなら英語しか話さない人たちの国だから。
(ワレワレはほぼ日本語しか解さないが、学校教育のおかげで英語という言語があることは知っている)
というだけの理由で行き先はイギリスになった。
(英語しか話さない人たちの国、というのは他にもあるが、それらの国には歴史がない、というと失礼なので言い直すと「中世」がない、ので、ワレワレの検討対象にはならなかった)

行き先を決めたのは半年も前だ。

しかしその後、旅程については何も決まらなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまでだったら「新」なのか

で、イギリスへ行くのだが、目的は特にない。
が、名目はある。
 新 婚 旅 行 。
蜜月というやつだ。

しかし、ワレワレの場合、「挙式」からも「入籍」からも1年以上経っている。
(ワレワレの結婚記念日は「夏至」だ。挙式の日も入籍の日も自分たちで決められなかったので、そんなもんを記念日にするより「夏至」がよいということでそうした。でも今年早速わたしは記念日を失念してしまい、相方を失望させてしまった)

結婚記念日の1年後のことを、「紙婚式」というそうだ。

紙 婚 旅 行 。

ビンボーくさい響きだ。
だが実際ビンボーであるので、おのれに見合った名称ともいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/22

英国さ行ぐだ

イギリスへ行くことになった。
まずは出かけるまでの顛末からちびちびと書いていくことにする。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年8月 »