« 2004年6月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/31

<夫婦心中>「ずっと一緒にいたかった」77歳と76歳

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

ものすごく悲しいニュースだ。
二人暮しの老夫婦、夫が体が不自由で妻も持病で世話がムリになり、要介護度から夫だけが老人ホームに入所。夫の一時帰宅時に、心中。発見したのは同じ区内で別居していた息子。区のコメント「希望してもホームに入所できない人はたくさんいる」・・・

話はぜんぜんひとごとではない。

実家では、60歳を過ぎた両親が、90過ぎの祖母を抱えて、商店をしている。祖母はぼけているが、身のまわりのことは自分でもできるので、老人保健施設にいる。しかしどこの施設もいっぱいで、入るには結構コネを使ったらしい。
祖父は、急にやせて体がままならなくなったので家をバリアフリーにする工事中に倒れ、2ヶ月ばかり入院したところで亡くなった。「あれ以上世話を続けたら、わたしも倒れたかもしれない」と母が言った。

自営業なので、商売ができなくなったら両親にはわずかな国民年金しか収入がなくなる。
わたしと弟の教育費にこれまで収入をつぎ込んだので、貯金は葬式代くらいしかない。
そしてわたしと弟はふたりとも、東京で大して高給でないサラリーマンをしている。

祖父の葬式の日、弟と話した。
弟は「やはり自分は地元に帰るほうがよさそうだ」と言った。
埼玉に実家のある人と結婚してしまったわたしは帰るわけにいかない。けれど、夫の両親も含め、親はいつか老いること、そして誰かが老いた親の面倒をみなければならないことは、よくわかっている。

そしてこのニュースを読んで、もっと先--自分と相方が老いたとき--のことも考えなければならないのだと、気づいた。大して社交的ではないわれわれ二人が、ニュースの老夫婦のような最期を迎える可能性は低くはないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/30

職業データベース

原稿のネタを探していたら、こんなものをみつけた。
「各産業における代表的な300の職業について解説」したものだという。そしてそれぞれの職業について、「どんな職業か」「この職業についている人の属性」「この職業につくには」「この職業の歩みと展望」「労働条件の特徴」などが説明されているそうだ。

いったいどんな職業が載っているのだろうか。ためしに自由検索で「インターネット」と入れてみた。

検索結果:5件
 英会話教室講師
翻訳者
物品購買事務員
通信販売受付事務員
プレイガイドチケット販売員

うーん、なんか違うような・・・
そこで「英会話教室講師」の詳細を見てみる。

「・・・国内で働く場合もビジネスレター、インターネットなど英語を必要とする場面は増えており、大学入試も従来の文法中心のものからリスニングテストの導入など会話的なものが増加する傾向にあり・・・」

インターネットって「英語が必要な場面」だったのか。場面というのもなんだかよくわからない表現だが。

わたしの周りには、オンライン広告担当、デザイナー(つうか制作担当)、エンジニア、と、インターネットと関係の深そうな仕事をやっている人がいっぱいいるが、そういう人は出てこなかった。もちろん、わたしの仕事も。

原稿のネタにはなりそうもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

略称

知財戦略で勝つ 第48回「日航が全日空を特許侵害で訴えた本当の理由は・・・」
馬場 錬成氏のこのコラムはためになるので割とよく読んでいる。今回も企業合併によって知財戦略もまた変化する、という話で大変納得した。

しかし、わざわざ取り上げたのは違う理由だ。

「航空券なしで予約した航空機に乗れる企業向けのオンライン・サービス・システムをめぐって、日本航空インターナショナル(JALI、旧日本航空)は、全日本空輸(ANA)を相手取り、・・・」

じゃり??

--そんだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の退職金はいくらか

勤続10年になった相方が、会社で「早期退職優遇制度」の説明面談を受けてきた。
げげ、バブル入社組のリストラ話がこんな身近にきたか、と一瞬身構えたが、勤続10年目でみんな制度の説明を受けるという。
で、どんな話だったかと訊くと、「おれの退職金さ・・・、○○○万円だった・・・」ようするに1000万円行ってない。
あと数年会社にしがみついていたらあっという間に元が取れてしまう。
「まあ、おれは対象じゃないって言われたんだけど・・・」対象というのはつまり、「会社としては辞めてもらいたい対象社員」である。いったい「対象」になったらどれくらい退職金を割増してもらえるのか、ちょっと関心があったが、それが判明するときはすなわち辞めなきゃならないときなわけで、まともな資産形成をしていない我が家ではそれは悪夢だ。

だが実は、たかが勤続10年程度の社員としては、この退職金は多いほうだ。大学卒32歳(勤続10年)の自己都合退職金は150万円程度、勤続15年で330万円くらい、というのが相場である。勤続20年でも1000万円に届かない。しかし、勤続30年となると一気に2000万円前後になる。相方の場合は、「早期退職優遇・・・」だから少し高いのだろう。

退職金については法律の定めがない。しかし退職金制度を作った場合、そのための積み立てを会社はしなければならない。また退職金制度があったのにそれをなくしたら、たぶん「賃金の不利益変更」になって認められないんじゃないかと思う(これはうろ覚え)。というわけで退職金制度がしっかりしている会社にいる人は、新卒入社5年目を過ぎていたら、転職するとき確実に収入が増えるようにしたほうがいいと思う。もちろん会社がつぶれるかもしれないし自分がヒサンなリストラに遭うかもしれないのだが、それは転職した先の会社でも同じだ。

というわけでわたしは相方には「何があっても、会社にしがみつけ。ただし会社に殺されそうな場合を除く」と言っている。まあそんなことを言わなくても、特殊な技術職である相方の場合、カンタンに転職先などみつからないのだが。

もっとも、こんなに説教しているわたしの会社には退職金制度がそもそもなく、わたしの話を聞いて「へー」とか言っているノンキな相方はわたしよりはるかにマジメに貯金していたりして、家庭内格差はなかなか埋まりそうにない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/27

二の腕

別の話を書こうと思っていたのだが、こっちが気になってしようがないので先に。

「二の腕」がどこを指すかは、たいていの大人は知っている(たぶん子供の頃は知らなかったはずだが、いつ覚えたんだろう)。肩とひじの間の部分だ。自分の場合、細くてぷよぷよしていて、非力が形になっているような場所だ。

そこで何が気になっているかというと、

「二の腕」の「二」って何だ。
「一の腕」はあるのか。

goo辞書(大辞林だ)で探しても分からない。Wikipediaにも載ってない。
ちなみに、「ninoude」と打ち込んで変換すると、MS-IMEはちゃんと「二の腕」と表示するが、「itinoude」と打ち込んで変換しても、「一能で」とかしか表示してくれない。

教えて、偉い人。
しかしこの場合、何に関する偉い人に訊けばいいんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニク

2号機でも基準超える減肉 過去の関電発表と矛盾
配管の減肉が進んで蒸気が噴出した関西電力の美浜原発死傷事故で、事故が起きた美浜原発3号機の隣にある美浜原発2号機でも、基準を超えて配管の減肉が進んでいる場所が1カ所あることが27日、分かった。(以下略)

ゲンニク・・・って読むんだろうな、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんま

モヒカン刈りにピリオド 年内着工へ 一条山開発問題 
京都市左京区岩倉の一条山(通称・モヒカン山)開発で、京都市は26日、業者が宅地開発した後の緑地部分を市に寄付することで合意したと発表した。(以下略)
写真を見ると、地元民がそう呼ぶのもよくわかる。
しかし、モヒカン刈りってコトバは、いつからそんなに日本の人々に定着したんだろう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

「北島康介」プロジェクト

「北島康介」プロジェクト
長田 渚左 (著)、文藝春秋

オリンピックにあやかって原稿のテーマを「チームビルディング」にしたのはいいが、自分にたいした蓄積はなく、インターネット上でも断片的な話しかみつからなかったので、多くの人が言及していたこの本を買ってみた。

1年半、ほぼ毎週原稿を書いていたが、たいていインターネット上のデータか、自分の知識経験をもとにして書いていたので、ネタ切れで本を買うというのははじめてだ。やっぱり同じワクで延々と書くのはムリか。

いや、わかっている。最近ネタ探しをちゃんとやってなかった。原稿のネタなど、普段からそのつもりでいればいくらでもそのへんに転がっているのだ。

本は、3分の1くらい読んだ。今のところプロジェクトとかチームというよりはそれぞれの分野の「すごいメンバー」がいかにして集ったか、という話。それはそれでいい話なのだが、ネタにならん~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年9月 »