« NPCな人生 | トップページ | 今年の風邪とブログのちから »

2006/07/18

3+2×4ができませんでした

リンク: 極東ブログ: 3+2×4をどう読む?.

休みの日、相方に突然「あのさ、3たす2かける4は?」と言われた。

わたし「20」

相方「違う」

わたし「えーっと……、24(←それは3×2×4だ)」

相方「違う」

わたし「んと、んと、18(←それは3×(2+4))」

相方「……」(ニヤニヤ)

わたし「…………、11だ!!」

相方「君は、4割のほうだね」

そう!わたしは「一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手」(産経新聞記事より)なんである!!

もちろん「掛け算は、足し算より先にやること」ってのを教わっているので、たぶん筆記試験だったら間違えない(……と、思う)。でも……、「2たす3かける…」って言われちゃうと、相手が言う順番に計算しちゃうのよ~~~!!!

そんなバカが間違えないためにfinalvent先生が提唱する「数式の読み下しかた」。

3+2×4は、「3・に・2・かける・4・を・たす」と読むといいのだそうです。

それだと日本語的には「3\(←「に」にあたる記号を適当に考えた)2×4+」じゃね??とか思いたくなるんだけど、漢文にレ点を付けて読み下すのと同じだと思えばよろしい、と。

また、先生は「数学ができる子とそうでない子の差は、こうした数学という言語をそのまま、英語のように外国語として理解する能力」なんじゃないの、ともおっしゃっており、そう、数学はひとつの論理体系であって、日本語としてとらえようとしてはいけないのです。

確かに、英文を読むとき、単語をいっこずつ日本語にして組み合わせたりはしないよなー。全部読んでから(そのとき日本語の論理体系はアタマから排除されている)、大意を日本語で考えるかも。逆はあまりうまくできないんだけど。わたしは外国語全般も大変苦手なので、両者を理解する能力の根っこは同じかも、とか言われると納得してしまう。

しかし、「一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手」だとほんと困りますよ。先週もお金の勘定がまともにできなくて、友達に「いずみん、それだと払いすぎよ」って言われるまで気がつかなかった。

そういう、ある面における極端な能力不足をどう補うか??という話は次回。

|

« NPCな人生 | トップページ | 今年の風邪とブログのちから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39752/10993693

この記事へのトラックバック一覧です: 3+2×4ができませんでした:

« NPCな人生 | トップページ | 今年の風邪とブログのちから »