« 2006年12月 | トップページ

2007/07/17

お引取り願いたい人びと

さて、直近のエントリを書いたのが去年の12月21日。

それから6日後出産。

生まれた子ども(女子)はすでに6カ月…。

その間いろいろ考えたことも多かったんだけど、文章にまとめる時間もとれず。

子育てブログ書いてる人はたくさんいるが、それらの人たちを尊敬した。自分は時間の使い方がヘタすぎて、ぜんぜんできんかった…

さてこの半年、だいぶ子連れで散歩などもしたが、子連れだとやたらと道端で人に声をかけられる。妊婦の頃もけっこう声をかけられたが、その比ではない。そして声をかけてくるのはたいがい同じ赤ん坊づれか、そうでなければじいさん、ばあさん(に見える)人たちである。

「アラかわいいわねえ~。何カ月??」

「はい6カ月です」

まあここまではほぼ全員同じことを言うわけだが、その後のコメントが面白い。

「あら、固太りだわねー(娘は足がすごく太い)。母乳?母乳がいちばんよねー」

母乳かどうかを聞いてくる女性はほぼ全員60代以上(みかけ)。

なぜ彼女らがそんなに母乳かどうかを聞きたがるのか、といえば、それは彼女らが粉ミルク至上主義時代に子育てをしたからである。1970年代前半生まれのわたしの母、あるいは夫の母、そのへんの人たちはみんな競って粉ミルクで子育てをした。母乳指導なんかする病院はほとんどなかったし、母乳よりもむしろ粉ミルクのほうがいい、とか思っていた人も少なくなかったようだ。

しかし彼女らが現在もそう思っているかと言うとそうでもないらしい。自然志向の世の中の流れなどを見て考えが変わったのか。いやほんとうは母乳で育てたかったのかもしれない。なぜそう思うかといえば、そんな60代女性のもっと上の世代、70~80代のおばーちゃんは必ず上記に加えて「乳の出がいいかどうか」を聞いてくるのである。彼女らは60代女性の母あるいは姑にあたる世代である。きっと自分の娘や嫁が粉ミルクで子育てするのを苦々しく思い、あれこれ口出ししていたのであろう。そして現在60代の女性たちはそれに反発していたりもしたのだろう。

「まあ、裸足なのね。靴下穿かせないと寒いでしょう」

5月くらいに外で見かけた靴下ばきの赤ん坊は、ほぼ100%、母親のほかにばーさんがくっついていた。

夫の母も、新生児むけの靴下売り場が小さくなっているのにとても驚いていた。

夫の従姉妹と話した時、やはり彼女らもこの「靴下問題」で母親ともめたと言っていた。彼女らはそれぞれ40代前半、30代後半である。ということは現在50歳前後あたりが靴下積極派と消極派の境目かもしれない。

「今の人はみんなベビーカーなのよね。わたしのころはみんなおんぶだったわよ。でもねアナタ、おんぶが一番いいのよ~」

これを言った人はひとりだけなのだが、なんとなく、ばーさん年代の人はみなそう思っているフシが感じられる。「おんぶが一番」と言った人が何人もいたからだ。

しかし、少なくとも現在60代の人が母親をリアルタイムでやっていたころにはベビーカー(乳母車!)がすでにあって、けっこう活用もされていたらしいのだ。意地の悪い言い方をすると、「ベビーカー買えなくておんぶだっただけじゃん、アンタ」とも言える。

いやもちろん母子が密着するおんぶが子どもの情緒安定に役立つとかいうのは知ってますけどもね。自分もよくおんぶしますけどね。

ちなみにヨーロッパでおんぶしていると、「危ないから止めなさい。抱っこにしなさい」とむこうのばーさんに注意されるという話をどこかのブログで読んだ。バランス崩して後ろにひっくり返る可能性があるから危ないといわれるそーです。

このほかにも紙おむつに関する感慨(「今は紙おむつだからラクでいいわよねえ」)やベビーフード批判(「今はみんな買ってきちゃうんでしょう??(←もちろんこっちの状況を聞く前の発言)」)などもあるが、まあ大概のばーさんコメントは、自分の経験との引き比べなので「ええ、まあ」と聞き流すことにしている。

しかし聞き流せない発言もある。

「ぜひこの調子でどんどん子どもを生んで、少子化対策に貢献してくださいよ」

60代くらいと思われる男性の発言。

おまえがやれ。でなきゃ今すぐ死ね。

ぐらい思った。

なぜ死ねと思ったかと言うと、年金問題対策に貢献していただくためです。こんなやつの年金のためにわが娘が将来汗水たらして働くのはかわいそうだ。

そう、マクロな国全体のシステムにかかわる話を、個人の生き方の話に短絡的に結びつけるとこーなってしまうのだよ。

でもおっさんってこの手の話が好きだよなあ。

さて、このエントリをだいたい書いたところで、非常に共感するブログをみつけた。

kakuさんのニッポンを生きる!少子高齢化社会を直球勝負で生きるオンナの主張

kakuさんによると

少子社会とは:

子育て・教育をリクツで、ロンリで、テツガクで、コトバで、ドウトクで捉えて語られる、コドモと言う存在に身近で接している人が少ない社会

なのである。

だそうだ。

そして、

現在育児真っ只中、の親たちにとって、忘れてはいけないことは、彼らは子育てに対する己の意見に責任を持つ必要が無い、と言うことだ。

と。

まったくであります。

実際、夫の父母はいつもいつもわたしらが子連れで滞在しているのでほとんど一緒に子育てしてもらってる状態だが、意外とヘンなことを押し付けたりしない。むしろ、「自分の子どもの時には気がつかなかったけど、こういうこともあるんだねえ」などと、新たな発見を楽しんでいるように見える。そして、しごくまっとうな意見を言うことが多い。

うむ、今日道端で会うじーさんばーさんが、できるだけ子どもの近くにいる人であるように。

なお、じーさんばーさん以外にも余計なことを言う人がいる件については以下のエントリとそれについたコメントがまったくよくあらわしております。

小児科Dr.TERUのブツブツ診察室:赤ちゃんを起こしてまでミルクを飲ますのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ