2006/12/21

「生かさず殺さず」ですか?

1ヶ月くらい前にこのエントリで、「今年はノロウイルスが流行ってると複数の小児科の医師がブログで証言している」とか書いたが、あっという間に毎日毎日報道されるほどの大流行となってしまった。

幸いにして、自分も家族も、また知る限り会社の同僚や友人も、やられたという話をあまり聞かない(いやわたしの実家なんか魚屋だから、ノロウイルスにやられたなんてことになったら営業停止ものなんだけど)。

小さい子供のいる友人は家族全滅とか言っていたので、身の回りにノロウイルスにやられる人が少ないというのはやっぱり、いかに自分の環境が「子供と無縁」なのかと思う。逆に、満員通勤電車に毎日乗っている人たちがやられないというのは、インフルエンザなんかとは伝染りかたが違う病気なんだな、という感じがする。

さて、このノロウイルスだが、時々ブログにお邪魔している小児科医クーデルムーデル先生からいただいたコメントによると重篤になるひとが少なく、動物実験のできない(動物に感染しない)ウイルスなので研究対象にならなかったとのこと。なるほど、インフルエンザと比べても、とても辛いという話はあってもこれが原因で人が死んだという報道がない。

昔読んだ病原体はどう生きているか (益田昭吾著 ちくま新書)とかによると、ある種の生き物に特化して寄生している病原体は、その生き物が死に絶えると自分も子孫を残せないので困ってしまう。宿主が死ぬ前にどうにかしてほかの宿主にたどり着かねばならない。そこでたとえばコレラ菌は強烈な下痢を起こして(それ自体彼らにとっては栄養源だが)それに乗って外界へ出て行く。しかし一番ラクなのは、宿主が死なずに歩き回って病原体を撒き散らしてくれることだ。こうして、特定の生き物との付き合いが長い病原体はだんだん弱毒化して常在菌になっていくという。逆に、本来の宿主でない生き物、または本来住み着くべきでない身体の部分にいってしまった病原体は、もともとはありえないような重篤な症状をもたらすことが多いという。また、破傷風菌などは土に棲むのがもともとなので、生き物に取り付いた場合はそいつが「土に還る=死に絶える」ことがもっとも望ましいため、恐ろしい病原体となる。

というわけでノロウイルスだが、残念ながら上記の通りこいつについては研究が進んでいないとのことで、どういう感染環を本来持っているのかよくわからない。

インフルエンザウイルスなんかは、中国大陸のブタとニワトリと人間が密接に暮らしているようなところで進化しているらしいが、このノロウイルスもたとえば、日本近海のどっかの海の二枚貝のなかで増殖してそれが人間に来て…、とかそういう感じなんだろうか。O-157みたいにやっかいな変異をしたりしなければいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/10/15

昔の人は…

泥棒!」叫んで77歳女性激走、ひったくり緊急逮捕

いやウチのばーちゃんとかもそうだけど、昔の人ってすごいよ。っていうネタが『総理大臣 織田信長』であったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/02

本日もっともどうでもいいニュース

高木ブー娘が男児出産

まだ今日が終わるまで14時間あるので、ほんとうにこれがもっともどうでもいいニュースになるかどうかは不明だが、そうとうどうでもいいことは間違いない。

実は「41歳で初産」てところにニュース価値があったんじゃ、とかも思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/31

<夫婦心中>「ずっと一緒にいたかった」77歳と76歳

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

ものすごく悲しいニュースだ。
二人暮しの老夫婦、夫が体が不自由で妻も持病で世話がムリになり、要介護度から夫だけが老人ホームに入所。夫の一時帰宅時に、心中。発見したのは同じ区内で別居していた息子。区のコメント「希望してもホームに入所できない人はたくさんいる」・・・

話はぜんぜんひとごとではない。

実家では、60歳を過ぎた両親が、90過ぎの祖母を抱えて、商店をしている。祖母はぼけているが、身のまわりのことは自分でもできるので、老人保健施設にいる。しかしどこの施設もいっぱいで、入るには結構コネを使ったらしい。
祖父は、急にやせて体がままならなくなったので家をバリアフリーにする工事中に倒れ、2ヶ月ばかり入院したところで亡くなった。「あれ以上世話を続けたら、わたしも倒れたかもしれない」と母が言った。

自営業なので、商売ができなくなったら両親にはわずかな国民年金しか収入がなくなる。
わたしと弟の教育費にこれまで収入をつぎ込んだので、貯金は葬式代くらいしかない。
そしてわたしと弟はふたりとも、東京で大して高給でないサラリーマンをしている。

祖父の葬式の日、弟と話した。
弟は「やはり自分は地元に帰るほうがよさそうだ」と言った。
埼玉に実家のある人と結婚してしまったわたしは帰るわけにいかない。けれど、夫の両親も含め、親はいつか老いること、そして誰かが老いた親の面倒をみなければならないことは、よくわかっている。

そしてこのニュースを読んで、もっと先--自分と相方が老いたとき--のことも考えなければならないのだと、気づいた。大して社交的ではないわれわれ二人が、ニュースの老夫婦のような最期を迎える可能性は低くはないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/27

ニク

2号機でも基準超える減肉 過去の関電発表と矛盾
配管の減肉が進んで蒸気が噴出した関西電力の美浜原発死傷事故で、事故が起きた美浜原発3号機の隣にある美浜原発2号機でも、基準を超えて配管の減肉が進んでいる場所が1カ所あることが27日、分かった。(以下略)

ゲンニク・・・って読むんだろうな、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんま

モヒカン刈りにピリオド 年内着工へ 一条山開発問題 
京都市左京区岩倉の一条山(通称・モヒカン山)開発で、京都市は26日、業者が宅地開発した後の緑地部分を市に寄付することで合意したと発表した。(以下略)
写真を見ると、地元民がそう呼ぶのもよくわかる。
しかし、モヒカン刈りってコトバは、いつからそんなに日本の人々に定着したんだろう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)