2006/07/18

3+2×4ができませんでした

リンク: 極東ブログ: 3+2×4をどう読む?.

休みの日、相方に突然「あのさ、3たす2かける4は?」と言われた。

わたし「20」

相方「違う」

わたし「えーっと……、24(←それは3×2×4だ)」

相方「違う」

わたし「んと、んと、18(←それは3×(2+4))」

相方「……」(ニヤニヤ)

わたし「…………、11だ!!」

相方「君は、4割のほうだね」

そう!わたしは「一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手」(産経新聞記事より)なんである!!

もちろん「掛け算は、足し算より先にやること」ってのを教わっているので、たぶん筆記試験だったら間違えない(……と、思う)。でも……、「2たす3かける…」って言われちゃうと、相手が言う順番に計算しちゃうのよ~~~!!!

そんなバカが間違えないためにfinalvent先生が提唱する「数式の読み下しかた」。

3+2×4は、「3・に・2・かける・4・を・たす」と読むといいのだそうです。

それだと日本語的には「3\(←「に」にあたる記号を適当に考えた)2×4+」じゃね??とか思いたくなるんだけど、漢文にレ点を付けて読み下すのと同じだと思えばよろしい、と。

また、先生は「数学ができる子とそうでない子の差は、こうした数学という言語をそのまま、英語のように外国語として理解する能力」なんじゃないの、ともおっしゃっており、そう、数学はひとつの論理体系であって、日本語としてとらえようとしてはいけないのです。

確かに、英文を読むとき、単語をいっこずつ日本語にして組み合わせたりはしないよなー。全部読んでから(そのとき日本語の論理体系はアタマから排除されている)、大意を日本語で考えるかも。逆はあまりうまくできないんだけど。わたしは外国語全般も大変苦手なので、両者を理解する能力の根っこは同じかも、とか言われると納得してしまう。

しかし、「一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手」だとほんと困りますよ。先週もお金の勘定がまともにできなくて、友達に「いずみん、それだと払いすぎよ」って言われるまで気がつかなかった。

そういう、ある面における極端な能力不足をどう補うか??という話は次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

NPCな人生

リンク: 九尾のネコ鞭.友人の恋愛体験談なぞを聞いて俺が考えたストーリー

注:非モテ…「もてない人」。異性に恋愛感情をもたれない人。

  エロゲー…エロいゲーム。ほとんどが男性向けであるため、男性に都合のよいストーリーが用意されている点ではAVと同じ。

  NPC…「ノンプレイヤーキャラクター」の略称。 通常は「操作できない登場人物」をさす。

すごくよくできたお話。「マトリックス凡人編」て感じ。いやー、われわれの人生、たいていNPCなんですよね。流されがちだし。

似た話で言うと、「前世話」つうのがありますね。なぜだか鑑定される人みんな、どっかのお姫様とか著名な武人とかになってしまうという。過去の地球の人口構成を考えたらそらねーだろ、みたいな。

その点、以前友達4人で聞きに行った前世話はよかったですな。

「あなたたち4人は、前世も同じ村で暮らしていました。4人で力をあわせて狩に出かけたりしていました」。

超納得♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

リセットしたい人々

リンク: 玄倉川の岸辺:ハンカチを窓から投げ捨てろ!.

鏡の法則(ハンカチを用意して読め!)というエントリが話題になっているらしい。愚にもつかない話なのでそっちにはトラックバックは打たない。どのへんが愚にもつかないのかは読んで判断してください。

玄倉川さんが

以前、「水からの伝言」という記事を書いたときにも思ったが、あまりにも多くの人たちが「いい話」「泣ける話」「感動」への警戒心を持っていない。
婉曲に言えばお人よし過ぎ、ナイーブ過ぎであり、はっきり言えば愚かしい。

と書いているのを読んで、そういえばこの手の話に引っかかる人は、たぶん「もし世界が100人の村だったら」にも感動するんだろーなー、と思った。

実のところ、ダメな自分(人に嫉妬したり、できないのを誰かのせいにしたり、面倒くさがりだったり、弱いものをバカにしたり等々)をリセットして、澄んだ心の善人になりたいと思っている人って意外と多いのかもしれない。魂の救済とか、来世で天国にとか、そんなことではなくて今、立派な心栄えの人になりたいと。

わたしはあまり宗教について考えたことがないのでここからは(ここまでもだが)シロウト意見になってしまうが、かつての宗教では、聖と俗が分離していて、ひたすら祈ったり修行したりする聖の人に対して、俗の人はそれを「徳の高いお方」として尊敬して寄進したりしてたんだと思う。しかし今の日本では(欧米ではプロテスタント普及以後か?)、俗の人が俗のまま聖に近づきたがってるように思える。そのために、感動する話を読んで、自分の行動をいくらかでも変えたいと。

しかし、俗=日々の生活にまみれたしょーもない存在=上に書いたダメな自分、であることを維持しながら聖となる、つうのは本当はすごく大変なんじゃないだろうか。それを成し遂げるためには、絶望しながら考え続けるしかないように思う。

わたし?わたしもいちおう絶望しながら考え続けることはしようと思うが、こんな中途半端で聖にたどりつけるような気もしないので、せっせと神社でお札もらったりお寺で手を合わせたりしようと思います。

この話も相当ひどい。どのようにひどいかはこのへんを参考。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝くじを買う人は幸せか

リンク: 吹風日記 - 宝くじの異常、幅3000kmのボウリング、世界で最も有利なギャンブル.

久しぶりに最後まで読んでよかったエントリ(もちろん普通にためになるエントリは世の中いくらでもある)。

宝くじは公営のギャンブルだ。そしてその収益の使われ方からして非常に税金ぽい。ところが、宝くじを買っている人をよく見ると、「購入者が社会的弱者に偏っている」のだという。なぜか?「人生に希望が見いだせない人、すなわち、社会的階層が今の不満足なレベルのままで固定されてしまうと予感した人々が、未来をかき乱すための「異常」を求めて、宝くじを買う」から。

有名な木村敏「異常の構造」を引いて説明しておられます(自分も昔読んだのに、さっぱり中身を覚えてない…凡ですな)。

難しく言わなくても、「年収1億円なんて、宝くじにでも当たらないとありえないよねえ」とか昼飯食いながら言ったりしてる、アレのことですね。

一方で宝くじの期待値が非常に低いことをもって、他のギャンブルやる人は宝くじを買う人をバカにしたりするわけですが、よく考えてみると、というのが後半。コメント欄含め、非常に興味深い話です。

さて、わたしはたまたま、非常に負けず嫌いということもあってギャンブルをやらないのですが、非常に身近なところに宝くじ大好き人間がおります。

相方と、父(義父じゃなくて実父)です。

こんなことを母に言おうものなら、また「アンタはほんとに父さんに似た人を見つけてきたねえ」とせせら笑われますが、そんなん狙ったわけやないで!!(似非関西弁)

相方も、父も、なぜかジャンボ宝くじを売っているのを見つけると吸い寄せられるように買いに行きます。そしてそのまま、忘れるのです。。。

あんたらは秋のシマリスか!!

日ごろ金がないとぼやいてばかりの彼らがなぜ宝くじに大金(諭吉1名とか)を投じるのか、本人に尋ねてもまったく要領を得ず、ずーっと不思議だったのですが、このエントリ前半からすると彼らはやはり「人生に希望が見いだせない人、すなわち、社会的階層が今の不満足なレベルのままで固定されてしまうと予感した人々」なのでありましょうか。それとも後半に出てくるような点に注目した鋭い人々なのでありましょうか。

どっちみちビンボー人のささやかな娯楽、に違いはないんですが……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/12

ボーナスを生活費にしてはいけませんという話

リンク: bewaad institute@kasumigaseki(2006-06-10).[economy]農家の経済学・前編:フリードマンは農家はケチであると語りき

ちょう有名なお勉強サイト(管理人は現役キャリア官僚さん)の記事。

その前の記事で、農家の恐ろしい実態 まとめサイト というのが紹介されていて、コメント欄が盛り上がっていたのだが、そこからの発展で、「なぜ農家はケチなのか」というお話。

エラい経済学者、フリードマンさんが言うには、同じ額の所得でも、固定で貰ってる分が多い人のほうがお金をいっぱい使いますよ、と。で、農家の場合、農作物の値段というのは市況に非常に左右されるので、「これだけは確保」という固定分が他の商売に比べて少ない。だからケチになるのは合理的なんでは?ということだった。

うーん、感覚としては非常に納得。

大学院在学中、農家の娘が同じ研究室にいて、彼女と「家の経済感覚」について話し合ったことがある。両家とも長女を(何の役にも立ちそうもない文系の)大学院にやり、長男は東京の私立理系大学に出しているということでまあ、田舎にしてはソコソコである。

しかし、経済感覚はだいぶ違った。彼女の家は現金収入の構造から見ると兼業農家であるが、普段は農業をやっていてヒマなときに土方などやったりしてるというので気分はカンペキ農家である。で、年に一度のコメの収入が家計の基本であり、他野菜を作ったり土方で得た収入はすべて臨時収入として考え、アテにはしないとのことであった。

翻るにわが実家は個人商店の魚屋兼八百屋であって、毎日毎日鮭や帆立や大根やりんごを売って生計を立てている。実は法人向けの商売もやっていて、それは支払いサイトも長く毎回の支払い金額もほぼ一定であり、かつ収入に占める割合は高いのであるが、農家の土方同様、気分はやっぱり長ネギ1本80円でいかに儲けるか、毎日お客さんがたくさんきて店が繁盛するにはどうしたらいいか、というところに集中してしまうのである。

で、家計は常に超どんぶり勘定であった。もちろん店の資金繰りはしているのだが、家族の消費についてはすんごいいいかげんだったのだ。で、気が向くと外食に出かけたり、デパートで買い物しちゃったりするのである。

そして両親は、「まあ、今日使った分は明日稼げばいいんだよ」とよく言っていた。江戸っ子か。うちは蝦夷じゃないか。

まあこのように明らかに商人根性というか、投資という感覚が希薄なので当然店を拡大して市内にチェーン展開!などは望めず、いまだにちまちまと個人商店をしている。

さて、このような家庭に育って今自分はサラリーマンなのだが、そういえば初めて「ボーナス」というものを貰ったとき、ものすごく不思議な気がしたのを覚えている。毎月の給料は自分の働きに応じているはずだが(本当はペーペーなので会社がわたしに先行投資してくれてるだけだ)、ボーナスはいったい何に対する報酬なのだろう??という気がしたのだ。まさに天からカネが降ってきた感覚。

これが生まれて初めての「臨時収入」だった(お年玉とかはまた別の話)。

現在在籍している会社のボーナスは、3ヵ月ごとの評価によって左右される。そうすると農家出身の友人的に考えると、臨時収入としてアテにしないのがよい(貯金しておく)、ということになりそうだ。しかしボーナスが3ヶ月ごとに出ると言うのは会社の規定で決まってるではないか。じゃあわたしの両親の言う日銭の一環か?

実は次のボーナスの行き先も、だいたい決まってるんだけど、それって農家的なのか商家的なのか………??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/14

年収1000万円の恋愛?

港区赤坂四畳半社長:冬の長岡

愛読している「港区赤坂四畳半社長」様のブログについに絡めそうな機会がやってきたのでトラックバック。
いつも高い志と知性が感じられて、会ったこともないのに深く尊敬している方なのだが、ときどき「理系の男はなぜもてないのか」とか、理系(の男)ラヴなわたしを強く揺さぶる記事が上がっていて、絡もうとしてしそこねていた。しかしこんどこそ絡むぞ。

清水社長様はおじいさまが倒れたのを機に、高齢化問題そして少子化問題についてお考えになり、「少子化対策とは、要するに恋愛対策でもあるのではないかと思います」という結論になったようです。

清水様によると、「たいていの女性というのは最初から結婚願望があるのです。しかし、なぜ生涯独身率が増えているのかと言うと、この結婚願望が年々高望みになっていくからです」とのこと。

なんと、清水様の周りには、「やっぱり結婚するなら少なくとも年収1000万円以上の人がいい」という女性が異様に多いのだそうです。

がーん。やはり社長を業とするような方の周りにいる女性は、われわれのようなシモジモの女とは違うようです。
わたしの周りには30前後の独身女(男もだが)がものすごいいっぱいいますが、結婚相手に年収1000万円を求めている人はひとりもいません。
どの女もみな自分を食べさせるくらいの稼ぎはふつうにありますし、逆に年収が1000万円に達するような男はものすごく多忙で、奥さんが専業主婦にならないと家庭が成立しないような人が多いことを知っているのです。

以前書いたことがあるけど、「お金」って言ってる人は、たぶんそれは本当の理由じゃないと思いますよ。

さて、わたし自身は結婚なんざどうでもいいから子供を心配せずバンバン生める・育てられるしくみができればいいと思っていますが(つまり婚外子も差別せず奨励するってこと)、とりあえず現在の日本では子供を生む前提としてかならず結婚がありそして結婚の前提としてかならず恋愛があるようですので、独身男女と恋愛について分類すると、以下のようになるかと思います。

1.結婚してないけど恋愛はしている
2.結婚してなくて恋愛したい、けど今相手がいない
3.結婚してない、そして正直恋愛もわりとどうでもいい

1.についてはそのうち結婚するという人もあれば事実婚も不倫もあるでしょうが、まあ生物学的には「いつでも子供を作れる状態」です。
2.はあきらめずがんばれば相手は見つかります。「恋愛」を「さびしくない状態」とか「自分の言うなりになる異性がいる状態」と勘違いしてなければ。先日の、40代(49歳だった)で結婚した教授とかはそういう例だと思います。

で、トシをとるにつれて3.が増えます。だいたい世間体(?)のためかみんな2.を装うんだけど、よく聞いてみると趣味の世界に没頭したり、動物を飼っていたり、家族とうんと仲良しだったりして、異性とのやり取りなんかなくても楽しく暮らしています。

そういう人に、「恋愛っていいぜ」とか言っても、あんまし響かないと思うんですよね。

じゃあどうすんのか、っていろいろ考えていたら、わたし程度が思いつくようなことはすでに次のエントリで清水様が提案されてました。

あら?絡みきれなかったわ…今度こそっ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/09

折檻折檻折檻

一日一喝 | 入試制度など実はどうでもいいのではないかの段

将来浦和にある相方の実家で相方の両親と同居し、子供などもできて都心に通勤するのがかったるくなったらプチリタイアしてお気軽コミュニティカレッジとして軽自動車で通おうと目をつけている「埼玉大学」の助教授様のブログ。「ミクロ経済学、流通経済論などを担当」とのことで、少し前のエントリである「むかしのおかしのはなし」などもものすごく面白いんだけど、今回の”普通の文章ではあまりに迷惑をばら撒くような場合に出てくる”「殿と猿の会話」も、「地方の旧帝大が教養部を改組して作っちゃった怪しい研究科」の卒業生である自分なんかにはけっこう面白い。

わたしらはあくまで学生で、しかも他の「伝統ある」研究科と違ってほとんどが他の大学で学士号取った後で入ってきた「歴史あるわが大学」への愛などもないヤツラだったのだが、「この研究科、この先どーすんだろーねえ」という会話は、在学中に結構話題になっていた。なぜなら研究科がはじまってすでに数年で入学希望者が減少していたからだ。論文の引用数が世界一だとかいう理系学部に比べてあきらかにしょぼい文系学部がオマケのように存在する大学そのものに大した思い入れはないが、やっぱり研究室に毎年それなりの数の院生が入ってこないと演習も盛り上がらない。

それでも国内に同様の研究分野を掲げる研究科が少ないわが講座にはそこそこ毎年希望者があったが、国内どころか学内(つまり「伝統ある」文系学部様)に似たような講座のある他の講座は悲惨そのものだった。

しかし大学側が何かやっているようには見えなかった。
所属していた講座の教授連は、まあもともと国内に研究者が少ししかいない分野でもあるので、あちこち顔を出して「その分野をやりたいなら××大学へいきなさい」と他の大学の教授に言ってもらえる仕組みを作っていたようだったが、ようするにそれってコネオンリーだよなあ。

で、わたしは講座で初めて民間企業への就職を決意したヤツだったのだが、同じ院生でも教授推薦で華麗に「一流大企業」へ就職を決めていく理系の人々(塾の講師仲間だったりするが)とは対照的に、われわれ(わたしと他の講座の民間就職組)はゴーレムに素手で立ち向かうような間抜けな就職活動をしていた。わたしも、数年前私立大学に在学中はバカにしていた「就職戦線異状なし」みたいなことをやるしかなかった。日本になじみのない国のちょっと前の経営史などという「何の役にも立たない研究」をし、トシだけ取っていたわたしには、一般企業の間口はあきらかに狭くなっていた。

ま、結局就職できたし、修士課程の3年間(留年したのだ)がなければ本当に学問的なものの考え方や手続きを学ぶこともなく、そしたら今の仕事など到底できなかったような気もするし、何よりも「数年後また金を払って研究する暮らしがしたい」と思っているのだから、結局おっけーだったということか。

在学中すでに40代だった助教授がついに結婚するというので土曜日はお祝いにいくのだ。先生、おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)